前撮り

前日まで

1997年2月10日 披露宴会場の打ち合わせ

今日は披露宴会場でもあるハーバービレッジに行っていろんな打ち合わせをした。前回よりも内容がわかってきただけに、おもしろいように話が進んでいった。当日のメニューを決めるために、26日に再度ハーバービレッジに行って試食をすることに決定。通 常の半額で食べれるらしい。楽しみ楽しみ…。

1997年2月11日 顔剃り

今日は実家に帰って、“顔剃り”をやってもらった。これが以外に気持ちいい。エステに行った気分だった。顔はもちろん首から背中までじょりじょり剃ってもらった。

1997年2月16日 とりあえず新居決定

今日はまたまた不動産屋さんへ行った。行った不動産屋さんはなんと筑紫野市。今度は南で物件探しをやることになった。結局2つを見てとりあえず決めて帰った。

1997年2月21日 前撮り

今日は前撮りでした。朝8時30分に起きて9時30分にヘアメイク屋さんに行って、まずは和装の準備。お化粧してカツラをかぶって、着物を着て、ちゃくちゃくと準備は進んでいたのだが、肝心の紀くんが来ない!結局11時30分過ぎに紀くん一家は到着。それからみんなで天神の貴賓館に移動した。まずはここで和装を4カット分撮影。

その後またヘアメイク屋さんに戻って、今度は洋装に着替えて再び舞鶴公園に出発。着いてびっくりしたのがなんと梅の花が満開!ここで残りの5カット撮影予定だったが、その内の1カットがなんと木の上。これがまた大変で、上に上るのが一苦労。なんてったってドレスが重い!結局四苦八苦して(周りで見ていたカップルにも手伝ってもらって)ようやく木に上ることができて撮影。梅の前でも1カット撮影した。

で、最後の1カットが天神の交差点。車をささっと止めて、ささっと撮影を済ませた。場所は秘密!(公開までお待ちください。)
というわけで、何とか無事に前撮りが終了した。お天気にも恵まれて、本当に1日かけて作品を作ったっていう感じだった。最後に感想を一言「疲れたけど、楽しかった。」

1997年3月1日 披露宴の内容と司会者との打ち合わせ

司会者との打ち合わせをする前に、2時間程紀くんと二人でベイサイドのモスバーガーでケンカをしながら(?)話し合って、その後司会の方と延々と約3時間面 接のように、二人の生い立ちから出会いまで話をした。

1997年3月6日 心配?

いよいよ3日後に迫った今の心境は「大丈夫かいな?」って感じ。何となく準備が進んでいつのまにか1カ月前になって、気付いたら一週間前になっていって、次に目が覚めたときは3月9日になっているような気がする。恐ろしいことだ。3月9日が過ぎたらちゃんと写真公開します。

1997年3月8日 明日の準備

いよいよ明日が本番、午前中不動産屋さんに行って契約を交わしてきて、そのままハーバービレッジに行って荷物を預けて、「牛心」で昼食を食べた。その後天神で二次会用のプレゼントを購入後、速攻で家に帰って明日に備えてさっさと寝る準備をする。明日の披露宴での「両親への手紙」を下書きして、午後9時30分に床に付いた。(結局眠れたのは30分後だったけど….。)

1ヶ月前

1997年1月10日 忙しい1日その1

今日はなかなか忙しい1日でした。では時間を追って説明しましょう。

13:00 カメラマンと打ち合わせ

吉塚のカメラマンのところに行って、あれこれと打ち合わせをした。どういうイメージでとか、どんなところで撮影したいか。とかあれこれ聞かれて、私は圧倒されっぱなしだったが、紀くんとウマが合ったみたいで、話はうまく進んでいった。結局スタジオでの撮影ではなく、“ロケ”という事になった。場所は秘密です。

15:00 会社の同僚のところにプリンターを借りに行く

自分でもプリンタは一応持っているのだが、インクジェットなため、ALPSのMDシリーズを持っている人から借りることになった。これで招待状作りは万全の体制!紅茶とシュークリームをご馳走になって、さらにうどんとチャンポンの玉までもらって1時間ほどで帰った。

17:00 住吉神社に行く

以前からの疑問点などをいろいろと質問した。明日11:00結婚式場の下見。

17:30 メガバンドールに行く

先ほど借りたプリンタのインクリボンを購入。

18:30出力センターに行く

招待状の版下(印画紙出力)を依頼のため出力ンターに行く。

1997年1月11日 忙しい1日その2

11:00 住吉神社に下見に行く

朝から住吉神社に行って、式場の下見をしてきました。社務所別館から入って奥の方へ行き、なかなか雰囲気のあるところでした。

12:30 フタタで礼服を購入

紀くんの式用の礼服を買いにフタタに行きました。結局超無難な礼服とネクタイとベストとシャツを買いました。

14:00 引出物を探す

紀くんが以前ある雑誌でみていた鉄瓶を探して、サザビーハウスに行きました。1階で探していたんですが、やっぱりなくあきらめかけたとき、ふと3階に立ち寄ってみるとあったあった!探していた鉄瓶がありました。これで引出物も決定か?

17:00 結婚指輪を購入

指輪を探しつつ何気なく店をうろうろしていたら、安くてかわいい指輪を発見!バーゲンということもあって、購入するつもりはなかったけど、結局買ってしまった。

というわけで、この2日間はよく行動しました。15日(祝)も行動予定ですので、お楽しみに!

それと更新曜日が変更になりました。毎週月曜から水曜に変更させていただきます。ですのでだいたい木曜日に見ていただくと更新されていると思います。ではまた

1997年1月15日 前撮の申請

前撮りの許可の件で今日「旧福岡県公会堂貴賓館」に行って来ました。なかなか雰囲気のある洋館で、いい写真が撮れそうです。しかし前撮りは2月17日(月)の予定だったのですが、なんと月曜日が休館日ということで急遽前撮りの日程を変更する事に….。結局2月21日(金)になりました。

1997年1月25日 家探し1

今日は一日不動産巡りをした。新居予定は一応福岡市東区ということで、まずは紀くんの家の近所の不動産屋さんに行った。ここで一件物件を下見に行くがNG。お昼を過ぎてから今度は香椎にある不動産屋さんに行った。ここでも一件に見せてもらったが、結局この日は“これっ”という物件はなかったので、決めずにとりあえず天神へ行った。ここで今度は公団の賃貸住宅空き状況をチェックするため、住宅募集センターへ行った。ここでひととおりの資料をもらって帰る。新居探しもなかなか大変。

1997年2月1日 家探し2

今日は西区へ物件を探しに行った。というのも西区になかなかよい物件があったため。ず~っと東区で考えていただけに、西区は異常に遠くに感じてしまう。
実際に建物に行ってみると、これがまたなかなかよい!田舎なので子供を育てるにはよい環境だか、ちょっと駅から遠く、また目の前に送電線(鉄塔)あるため電磁波などちょっと気になるところ….。
話は変わって、来週はいよいよ1カ月をきってしまう…。はたして結婚式の準備は大丈夫なのか!!

1997年2月7日 ヘアメイク最終打ち合わせ

今日はヘアメイクの2回目の打ち合わせをした。カツラ合わせをして洋装の時の髪を整えてもらった。まぁここまでは普通 なのだが、どうしてもドレスとのバランスを見たいため、なんとすごいヘアスタイルのまま天神にある衣装屋さんへタクシーで行った。ドレスと合わせてみると、なんとこれが恐ろしいくらいにはまってしまって、笑いが出た。しかし後日この写 真を紀くんに見せたら「やりすぎ」と言われてしまった。

1997年2月8日 お花の打ち合わせ

今日はお花屋さんと打ち合わせをした。お花に関してはあんまりこだわりがなかったため、よくわからないまま話が進んでいった。
その後九電記念体育館に行って、新居用のリビングの照明を購入。その後こんどはイムズに行って、イムズブライダルのファッションショーを見て、プレゼントのブーケを強引にもらった。その後物件の最終判断をするために周船寺に行ったが、結局周船寺はやめることに決定。またいちから探し直し….。いつ引っ越しができるのだろうか….。

2ヶ月前

1996年12月9日 ヘアメイクとカメラマンの打ち合わせの日どり決定

今日ヘアメイクとカメラマンの打ち合わせの日程を1月5日(日)に決めた。年明けからやっぱり大変だ。いよいよ3ヶ月をきってしまったので、本気でがんばらねば….。てれっとしよる場合やないっ! 1996年12月15日 招待状の紙の決定
今日天神をぶらぶらして招待状の紙を見に行った。これがまた大変で、結構二人でおおもめ!アクロスの正面玄関で約10分の討論!とりあえず何とか意見がまとまった。これからもいろんなことでもっともめるっちゃろうね。ちなみに前日は香椎の某不動産屋さんへ行ったが、「3月入居なら1月中旬ぐらいに来なさい。」と言われてほんの5分くらいで終わってしまった。なんだったんだろう….。

1996年12月23日 家電の購入

今回の連休はなかなか有意義な連休でした。21日は福岡ドームでやっていたベスト電器のイベントに行って、新居用の照明を買って、あとキャナルシティのインド料理屋さんでおいしいカレーを食べて、超満足。22日は結婚式の打ち合わせを和白のガストでやって、23日は私の24回目の誕生日だったので、ご飯を食べに行きました。ってなかんじの3日間でした。

1997年1月5日 ヘアメイクの打ち合わせ

あけましておめでとうございます。
というわけで、今日はヘアメイクの打ち合わせに行ってきました。最初は当日の時間のスケジュールや衣装、希望のメイクなどいろいろと話して、その後実際にウエディングドレスの時のメイクと、カツラ合わせをやってもらいました。これがまたおもしろい!見る見るうちに変わっていくのです。やっぱりプロのメイクさんにやってもらったらちがう!!タレントとかモデルさんっていうのは、いつもこんなことをやっているのかと思いながら、今まで見たことのない世界を体験しました。和装洋装それぞれ1点ずつしか着ないので、やっぱり自分の思うとおりにやって欲しいと思い、あらゆる写 真や雑誌を持っていって、さらにビデオまでも持っていって打ち合わせをしたかいがあって、なかなかいい感じにできそうです。お金払ってやってもらうんだから、やっぱ自分のやりたいようにやらなきゃって感じです。いやぁ実に楽しいひとときでした。

結納

6:30

起床 顔を洗い、朝ご飯を食べる。
前日も少し緊張していたせいか、あまり眠れなかった。朝も6時頃から目が覚めていて、まるで運動会の日みたいな気分….。朝食も食べなきゃと思いつつ、あまりのどを通 らなかった。とりあえずご飯とお味噌汁を食べた。

7:20

着付けのため美容室へ車で行く
以前に何回も着付けを頼んでいる美容室だったので、比較的スムーズにすすんだ。今まで髪を結ってもらうときは日本髪ばっかりだったけど、今回初めて“今風”の髪型にしてもらった。

9:10

のぶちゃん(義兄)のお迎えで家に帰る
うちのお姉ちゃんの旦那さんであるのぶちゃんに迎えに来てもらった。帰りの車の中では何でもない話から、のぶちゃんの時の結納の話を聞きながら帰った。

9:50

紀くん一家到着(時間通り?)
まる(下畑家の犬)がいきなり吠え始めたので、お客さんが来たということを察知した。一瞬緊張が走った。私は田中家の皆さんをお迎えするために、外に出た。

9:55

結納セットの組立開始
手早く紀くんのお父さんと紀くんが結納セットを組み立て始めた。時間にしてやく10分程度。話によれば前の日に随分練習したらしい。

10:05

結納
いよいよ本番。紀くんのお父さんもかなり緊張していた様子。私も緊張。なぜかのぶちゃんも列席していた。

10:10

「あっ」と言う間に終了
本当に「あっ」と言う間だった。紀くんのお父さんがおきまりのセリフを言って、私のお父さんがおきまりのセリフを言って、目録を見て、返して終わり。ってな感じで無事終了。

10:15

桜湯が出てくる
桜湯が出てきた。ドラマとかで“桜湯”っていうのは聞いていたが、本物を見たのは初めて。本当の桜の花が入っていた。

10:30頃

写真撮影を始める
思っていたよりはるかに早く結納が終わったので、時間を持て余してしまった。というわけで写 真撮影が始まる。

10:40頃

お茶とお菓子が出てくる。
前日桃屋甚兵衛で購入した“柿”の和菓子とお茶が出てきた。

11:00頃

そろそろお膳の準備が始まる。
仕出しやさんがやっと来たのでお昼の準備を始める。な、なんと鯛の活き作り?超豪華!!さすが結納って感じでした。

11:20頃

昼食
お酒もすすみ、話も盛り上がり、なかなかいい感じの昼食でした。

15:00

田中家一家、下畑家をあとにする。
紀くんの運転で下畑家を去っていきました。以上結納のお話はおしまい。

最後に…

結納は思っていたより本人たちは楽だった。どっちかというと親たちの方が大変だったのかもしれない。紀くんのご両親と私の父母、本当にお疲れさまでした。

3ヶ月前

1996年11月17日 衣装の小物の決定

今日、またもや貸衣装屋さんに行った。和装・洋装の小物、そして紀くんの衣装を決めに…。和装は帯を変えてもらったのだが、私の想像していた着方がうまく衣装屋さんに伝わらなくて、結局“先生”を呼んでもらって着せてもらった。
それと洋装の小物はベールとレックレス、イヤリング、手袋をそれぞれ決めた。で、今日のメインイベント?紀くんの衣装を1着のみ試着してみた。色目がなかなかよくて、思ったより納得できたかも….。

というわけで、来週はいよいよ結納です。 1996年11月24日 結納
とうとう結納の日がやってきた。前々日の夜に帰省した私はなんとなく落ちつかなく、その日の夕ご飯もあまりのどを通 らなかった。翌日最終の準備のため母と一緒に買い物に行った。一番びっくりしたのが父が十数年ぶりにスーツを購入したことだ。こんな日のためにうちの両親が一生懸命いろいろとやってくれていたのにはびっくりした。お茶菓子、お土産、母のスーツなどいろいろ購入後、夕方にやっと家に帰り着いた。

いよいよ24日当日!しかし結納に関しては別のページを作成予定なので、乞うご期待!というわけで、また来週!!

1996年12月2日 引出物の下見

今日、前撮りの日程を決めた。予定では2月17日月曜日。きっとむちゃくちゃ寒いことだろう。なのにやっぱり外で撮影したいというのが私の希望だ。和装の時はまだ外でも寒くないが、さすがに洋装の時は半袖なので絶対に寒いと思う。

それとついでに会社帰りに某デパートに引出物を見に行った。1ヶ月前からチェックしていた物だが、これがなかなかイイ。売場の人にいろいろ聞いてもらったが、結局別 の売場のブライダルサロンでも引出物は取り扱っているとのことだったので、そちらの方にも行ってみた。これがまたまたいい感じで、販売のドレスなんかも展示していたし、アクセサリーや小物の販売などもやっていてベールや手袋をいろいろ見せてもらったが、これもなかなかイイ。いっぱい欲しい物が出てきた。結婚式が2度できたら、1回目でいろいろ勉強して、2回目で完璧な結婚式ができるのに….と思ってしまった。

1996年12月7日 貸衣装の契約

今日貸衣装屋さんから前撮りの契約書が届いていた。またお金がかかる….。併せて新居探しもちょっとやった。いよいよあと数日で3ヶ月をきってしまう。がんばらねば….。

4ヶ月前

1996年10月11日 結納の日どりについて

今日、お母さんと結納の日取りと結婚式のことについていろいろと話した。相談した結果 結納は11月24日日曜日大安にほぼ決定。今まで漠然としていた結婚がいよいよ本格的に動き始めたという気がした。これから1ヶ月は結納の準備に追われることだろう。

結婚式の内容については、当初は和装は振り袖のみと思っていたが、どうしてもお母さんの意向がつよく(?)白無垢か色打ち掛けまたは黒引き振り袖を着る方向に話を進めるようになった。こうなってくるとまた予算がかさんでしまう。本当に予算内で結婚式ができるのか、またいろんな準備を自分たちでやってうまく行くのかが不安になった。

とりあえずこの結果を紀くんの両親に話して、両家の意見が一致して初めて日取りが決定するわけだ。それからいろんな人に連絡して、いろんなところに手続きをして、密に連絡を取り合わなければいけなくなる。これからが本当に忙しくしなって行くんだろうなと思うとちょっとヘヴィな気持ち。19日にとりあえず今度は私が紀くんの家にあいさつに行く予定だ。 1996年10月19日 田中家への挨拶
今日紀くんの実家に行った。行ったのはいいけど、今日家にくるということが家族誰一人として伝わってなかったみたいだ。しかし相変わらず紀くんの家族は私を暖かく迎えてくれた。

お母さんはまだ仕事に行っているとのことだったので、お母さんが帰ってくるまでドライブすることになった。行き先は島根県津和野。初めて津和野に行ったわけだが、街並みの雰囲気などがとてもいいところだった。稲成神社に行って“幸福おみくじ”というおみくじを引いた。縁起物と言われている銭亀や稲穂、お多福など数十種類の縁起物がついているおみくじだ。“蛙”欲しさに引いたらなんとホントに“蛙”の縁起物が入っていてびっくり!“蛙”の意味は蛙(かえる)と言う言葉から旅行・外出先から無事かえると言う意味らしく、交通 安全のお守りだそうだ。

結局5時半過ぎに家に戻ってきて、お父さんに作ってもらう家具のことについていろいろと話をした。食事の後2階の妹の部屋でくつろいでいたら、紀くんの両親と紀くんに下の部屋に来るように言われた。行ってみるとなんとお母さんの指輪を私にくれるという話だ。とにかく私はびっくりして、言葉に言い表せないくらい感動をした。(しかし私の指のサイズが大きいため、お直しが必要のようだ….。)

というわけでなかなか内容の濃い1日だった。11月2・3日にはいよいよお楽しみの衣装を見に行く予定だ。次回も乞うご期待!

1996年10月28日 衣装下見の日決定

今日某ブライダルカウンターから衣装店の紹介カードが届いた。今のところ2つの衣装店に下見に行く予定だ。低予算でかついい衣装が見つかればいいが….。今週の土曜日西通 りを歩くと下見風景が覗けるかも….。

1996年11月2・3日 衣装の下見

昨日一昨日と衣装の下見に行った。1日目はとにかく初めてということで、面白いだの楽しいだのでうかれまくっていた。和装はともかくやっぱりメインはウエディングドレス!しかし、最初にお気に入りのものを試着してしまってそれで満足してしまい、1日目は手付け金を納めて帰った。

2日目は1日目と違って、目の前にいろんな衣装が並んでいたので、とにかく自分の来てみたい衣装を片っ端から試着してみた。ここで予想外の展開へ….。昨日まではシンプルな衣装ばかり試着してみたけど、今日はフリフリの超かわいいドレスを着てみた。それがなんとむちゃくちゃかわいくて超お気に入りになってしまった。ここで発生したのは“迷い”だった。結局今日はどっちにするか決めきれず、返事は明日以降へ見送りです….。(どっちを選んだかは当日のお楽しみ….。)

1996年11月7日 衣装の決定(とりあえず)

今日衣装の返事をした。どちらの衣装屋さんを選んだかは当日のお楽しみ。今回の衣装を(特に和装を)決めるには大変な努力?をした。衣装屋さんに聞き、ヘアメークの人に聞き、最後には双方の親まで聞いてやっと結論を出した。17日にもう一度試着をして最終確認をする予定。

5ヶ月前

1996年9月9日 挙式場の予約

今日、住吉神社に写真のこととか、いろいろと電話で問い合わせた。どうしても3月9日をおさえたかったけど、今週の土曜日にしか申し込みに行く時間がなかったので、電話で仮おさえをしようと思ったけど、やっぱり挙式料を納めなければ、おさえられないと言うことだったので、この日の夜8時頃申し込みに行った。

この日はちょうど雨が降って、夜の住吉神社もなかなかいい雰囲気。(ちょっと怖かったけど)これで結婚式場もおさえて、とりあえず安心。

1996年9月14~16日 下畑家への挨拶の打ち合わせ

3連休を使ってお互い実家に帰って、来週にむけて最終の打ち合わせをする。(ちなみに来週は紀くんが家に挨拶に来るのである。)思ったより私の母は前向きに考えてくれているようだった。当初の予定では22日の予定だったが、私の父の仕事の都合で23日に変更。紀くんはどう思ったのだろう…。

1996年9月23日 下畑家への挨拶

今日は朝から結構緊張していた。お父さんに9時前に起こされて、10時に家族3人で某ディスカウントショップにカセットコンロを買いに行って、11時頃からお昼ご飯を作って、12時にお父さんとお母さんがお昼ご飯を食べて、お昼ご飯を食べた後、お父さんは昼寝をしてしまった。

私は紀くんが1時に来ると思って12時50分頃車で駅に迎えに行って…。しかし紀くんは来なかった。確か11時32分香椎発のにちりんに乗るって言う話だったのに乗っていない?いったん、家に帰って待機する。

再び2時前に迎えに行ってみると「あ~っいたいた!」何食わぬ顔して紀くんが改札口に向かって歩いて来た。やっぱり私が時間を勘違いしていたみたい。1時間くらい近所をふら~っとして家に帰った。お父さんは昼寝から起きていて、お母さんは夕食の準備をしていた。

紀くんはどこで聞いたのかお酒2本を手みやげとして持ってきていた。オリックスの優勝を見てから夕御飯を食べ始めた。今日の夕食は豚のスペアリブと栗ご飯。けど紀くんはきっと味を覚えてないくらい緊張していたのではないかと思う。
紀くんはご飯を食べ始めてもかなかな話を切り出さず、私がときどき目で問いかけると、何か言いたげに視線を返してきた。ご飯も終わりお父さんがまる(下畑家の犬)の散歩のため席を外した。これで30分は話せない。

しばらくしてお父さんが散歩から帰ってきてソファに座った。今度はお母さんが後片づけのため席を外している。なんとかしてきっかけを作ろうと、おやつタイムと名うって私が梨をむいてお母さんを居間に呼んだ。これでみんな揃ったので「絶好のチャンスだ!」と思ったのに、紀くんはなかなか話を切り出さない。

そうしているうちに今度はお父さんがお風呂に入ってしまった。これでまた20分は話せない。お父さんがお風呂からあがってきたらが最後のチャンスだ!お父さんも気を使っているみたいで「もう寝るぞ」と聞こえるように大きな声で一言言った。私もなんとなく落ちつかず、そわそわして家の中をうろうろしていた。この後紀くんがどう切り出したのかはよくわからないが、気がついたときには4人とも正座して居間に座っていた。

ここからの話はあまりよく覚えてないが、紀くんが延々と話を始めた。最初のうちはなんかおかしくて笑っていたが、お父さんの「えり子を大事にしてくれるんやったら…。」という一言がすごっく私の心に響いて、私も言葉を失った。まさかお父さんがこんなことを言うとは心にも思っていなかったので、驚きと感動で涙が出て止まらなかった。

一応ひととおりの話をした後、お父さんは早くも寝てしまった。その後、お母さんの計らいでコーヒーを飲んで一息ついた。今日はむちゃくちゃ疲れたが、紀くんの方がもっと疲れたのではないかと思う。と言うわけで長い長い1日がこうして終わっていった。

1996年10月6日 オイオイ、話が違うぞ!

今日、久しぶりに某ブライダルカウンターに行った。なぜ今日行くことになったかというと、披露宴の企画を依頼するかどうかと、最終的な披露宴の見積もりについての打ち合わせだ。

最初はあたりさわりのない会話をしていたが、割引のサービスについての話をしていくとどうも話がかみ合わない。どうやら披露宴の企画についてがネックのようだ。披露宴の企画を依頼すれば最大の割引でやるが、依頼しない場合割引率が下がるという話だった。(そこまではっきりとは言わなかったが、そうゆうニュアンスだった。)

「えっ話が違う!」と思って追求していくと、最初に出してもらった見積もりは原価(割引をする前)の金額で出してもらっていると思っていたのに、その見積もりはすでに最大に割引をした金額だったらしい。しかしその時は披露宴の企画については一言も出てなかったのに…。なぜか話の順序がバラバラだ。

とにかく言いたいのは、最初の時点で企画を依頼したわけではないのに、なぜ最大の割引率で見積もりを出したのかということだ。誰でも最初に高い金額で提示されているとちょっと引くけど、それから多少なりとも安くなればうれしいものだ。しかし今回の場合は全くの逆だ。このことに気づかなかったら逆に高くなっていたかもしれない。今回の件で某ブライダルカウンターに不信感を抱いたのは確かだ。

自分たちが不信に思っていたところをすべて質問して、企画の依頼を断った場合どうなるのかという話をした。最終的には企画の依頼は断ってその他のサービスは“最大に近い割引で”ということで話がついた。すでに内金として支払いを済ませていただけに、これ以上金額が高くなっては今後の資金のやりくりにも影響が出てしまう…。というわけで、今回の一件で得た教訓は「お金・サービスについては腹を割って話せ。」ということだ。

6ヶ月前

1996年8月中旬 ブライダルカウンターからの電話

某ブライダルカウンターから1本の電話をもらう。「一度カウンターに来て詳しくお話しをしませんか?」という電話だった。それと2月に結婚式を考えているんだったら、もう準備を始めないと間に合わないという一言。これが私に行動力を与えた。(紀くんのお尻をたたく理由ができたわけだ。)

1996年8月18日(日)ブライダルカウンターへ行く

某ブライダルカウンターへ初めて行く。何もわかっていない二人に担当のIさんもあきれたことだろう。この日は4時間ぶっとおしで結婚式に関する話をした。まず決めなければならないのは、日時と会場。会場ごとに予算を出してもらったが、やっぱり高い。しかし、一箇所だけ安いところがあった。それはデートスポットにある某レストラン。来週ここの下見に行く予約を入れてもらった。

1996年8月24日(土)披露宴会場の下見

レストランに下見に行く。海辺に面したロケーションのいいレストランだ。料理も卓盛料理ということで紀くんおおいに気に入る。しかし、“3月上旬の海辺は寒いかも”という私の考えがよぎった。というわけで、4月6日に仮予約をしたがやっぱり3月9日がいいような気がして、電話で改めて3月9日にする。

1996年9月7日(土)披露宴会場の申込み

レストランの申込みに行く。いよいよ会場決定!これで一つのハードルが越えられた。同日の午後からブライダルカウンターに行って、衣装、ヘアメーク、写 真、装花などを決める。ここで、一言「内金でお金がなくなる….。」担当のIさんから挙式のこと指摘され、すっかり忘れていたことに気付く。

またまた同日住吉神社と櫛田神社と筥崎宮に行く。住吉神社に行くと社務所にいたお兄ちゃんがていねいに説明してくれた。しかし式を挙げられるのは本殿ではないらしい。ちょっとがっくり。櫛田神社はすでに3月9日は予約が入ってて無理だった。筥崎宮はなんとなくやめた。二人とも“やっぱり住吉神社の雰囲気が好き。”ということで、ほぼ住吉神社に決定!来週申込に行く予定。

7ヶ月前

1996年7月下旬 ブライダルフェアに行く

福岡市内の某ホテルのブライダルフェアに行く。2つのホテルのお見積りを出してもらうが、いまいちイメージが湧かない。その日、家に帰ってからさらに内容を確認して見ると、やれ持ち込み料やら、やれパックやらで結局自分たちのやりたい結婚式でないことに気付く。やたら費用もかかるし、絶句。

1996年8月上旬 ブライダルブックを買う

そうしているうちに、本屋さんで某ブライダル雑誌を手にする。ここで私は衝撃をうけた。“結婚式は自分のやりたいことをやらねば….。”こうして、雑誌についていた資料請求のハガキをすべて送る。